島根大学 ダイバーシティ推進室

「島根⼤学研究助成情報検索システム(RegiSU)」の運用開始について

導入の趣旨

 近年、基盤的研究予算が大きく減少する中で、外部研究資金の獲得は、研究者のキャリア形成必須の要素となってきていますしかし、狙うべき研究資金の情報を探し出し、採択される申請書を書き上げ、研究者コミュニティーにおいてより評価の高い研究資金獲得をうには多大な労力がかかります教員研究活動に充てることができる時間さえも減少している厳しい状況の中で、特にこれから研究者としてキャリアアップを目指そうという若手教員を支援していくことは、大学にとって重要な課題です
 本学では、様々な外部研究資金の獲得支援を行っていますが、その最も基盤的な支援として、JSPSやJSTその他の政府系競争的資金、民間助成金など異なる種類の研究資金情報を、募集がある都度、担当部署から全教員あてにメールで情報を配信しています。しかし、複数の異なる部署から全教員にすべての情報が配信されているため、教員がその中から自分で自分の研究にあった研究助成情報を探し出すのは容易ではありません。より細やかな支援を行うべきですが、マンパワーが限られているため困難な状況です。このような状況を改善すべく、RegiSU導入は企画されました。 

RegiSUへのアクセスはこちら!


※RegiSUは学内環境からのみ閲覧可能です。

RegiSUの特徴

上述した現状の問題を解消し、必要な情報を必要とする研究者にタイムリーに届けることを目指します。主な特徴は、以下のとおりです。

学内の全ての研究助成情報を一元化

政府系競争的資金事業や民間財団助成金など、島根大学に届く全ての研究助成情報と、学内資金による公募情報もすべて、このシステムに一元化します。学外の情報サイトとは異なり、学内締切り等のローカル情報も表示されます。

自分が欲しい情報だけをメールで受信

 これまでは学内の複数の担当部署から全情報を全教員にメール配信されていましたが、「新着情報メール配信」機能により、自分の希望条件にあった情報だけをメールで受け取ることができます。

絞り込み検索可能

 研究分野、取得目的、助成金額、キーワードなどで検索して、希望する内容にマッチした公募情報を見つけやすくなります。

運用スケジュール

 今年度中は、研究助成情報の入力を徹底、2021年4月からのフル稼働を目指しますまた、情報の登録を担当する事務組織およびエンドユーザーである全教員に対して、RegiSU利用が浸透するよう広く周知を行うとともに、利用者から意見を収集し、改善すべき点を把握します 

<情報登録を担当する部署>
企画部研究協力課 学術研究支援グループ
企画部研究協力課 産学連携グループ 
企画部国際交流課 国際交流グループ 
総務部人事労務課 労務管理グループ
上記以外で、外部資金もしくは自己資金により研究助成事業を行う部署 

ご意見・ご要望等をお寄せください

研究者の皆様にとってより使いやすいものにするため、今後も改良を続けてゆく予定です。
ご意見やご要望などがございましたら、以下のフォームからご連絡ください。
https://www.leaf2.shimane-u.ac.jp/enquete/no/gq0v1I3Hjz

【お問合せ先】
<企画・実施>
島根大学 ダイバーシティ推進ワーキンググループ 女性研究リーダー育成部門
E-Mail: beyond-boundaries@edu.shimane-u.ac.jp

<システム担当>
島根大学 企画部 研究協力課
TEL:0852-32-6632
E-Mail:rsd-kenkyu@office.shimane-u.ac.jp