島根大学 ダイバーシティ推進室

「島根発、多様な人材活躍に向けて~大学、行政、企業の連携から探る~」と題して、第11回中国四国男女共同参画シンポジウムを開催しました。

2019.11.18

令和元年11月18日(月)、島根大学松江キャンパス大学ホールにおいて、第11回中国四国男女共同参画シンポジウムを開催しました。内閣府、男女共同参画連携推進会議、島根大学の共催で開催され、国立大学協会・島根県・松江市の後援をいただきました。
今回のシンポジウムのテーマは「島根発、多様な人材活躍に向けて~大学、行政、企業の連携から探る~」とし、第一部は社会学者で東京大学名誉教授の上野千鶴子氏より「地域を支える女性の力の未来」と題した基調講演がありました。引き続き、第二部のパネルディスカッションでは、同テーマをもとに4名のパネリストからの事例報告を軸に、活発な意見交換が行われました。
会場には、中国・四国地方の国立大学の男女共同参画に携わる教職員、全国ダイバーシティネットワーク組織中国・四国ブロック会議構成員、本学学生、行政、企業、一般の方など約300名の参加がありました。