島根大学 ダイバーシティ推進室

出前授業「思春期のこころと体(性に関する指導講演)」実施しました

2019.02.15

2019年2月15日(金)、松江市立島根中学校において島根大学保健管理センター 河野美江教授による「思春期のこころと体(性に関する指導講演)」と題した授業が行われました。
この講演には、3年生の生徒21名が参加しました。
講演では、赤ちゃん誕生のビデオを見た後、妊娠、避妊、性感染症といった体の変化や、男女交際と性の多様性といったこころの成長について話がありました。また、人が付き合っていく上で境界線を大切にしなければいけないこと等の説明がありました。
参加した生徒からは、「赤ちゃんを出産する映像はとても感動的でした」「今日の話ではだいぶ性の見方を変えていて、愛や心などと表現していて、自分の価値観が少し変わった」「どんな人にも境界線があることを聞いた時は勉強になったし、自分も気を付けようということを感じた」「これからはいろんな男女関係についても責任を持っていきたいと思いました」などの感想が寄せられました。

JST女子中高生理系進路選択支援プログラム「しまねガールズ・サイエンスプロジェクト」共催
島根大学は科学技術振興機構(JST)からの受託事業「女子中高生の理系進路選択支援プログラム」により、女子中高生の科学への興味を促し、自分自身の将来を見据えたキャリアデザインを考える場を提供し、理系のイメージを変え、理系キャリアの意識醸成を図ることを目的に、「地域とともに課題を見つめ、キャリアをデザインする-しまねガールズ・サイエンスプロジェクト」を実施しています。