島根大学 ダイバーシティ推進室

第60回さぽっとカフェを開催しました

2017.03.08

 今回は,教職員を対象に実施した「仕事と介護の両立実態に関するアンケート」の結果から,本学に求める仕事と介護の両立支援について話し合いました。

参加した方からは,「本学の介護支援制度は分かりづらい」,「実家が遠く長期的な親の介護が必要となったら離職しかない」,「教員は,全国から集まっていることもあり,遠距離介護が多くなると思われるので,その支援が必要」,「介護は誰にでも起こることで,本人に問題があるわけではないので,介護離職しないよう,みんなで問題をシェアするべき」,「40代・50代は介護の不安を抱えていると思う」,「子育てと違っていつまで続くか期間が読めない」,「子育てを支援する雰囲気は以前より良くなっているが,介護についてはまだまだ感じない」,「介護支援について知らないことが多いので相談窓口が必要」等,活発な意見交換がなされました。